幹細胞培養上清液は自由診療であることに注意

健康保険適用外となる治療

幹細胞培養上清液を点滴や局所注射で体の中に取り込む再生治療は、アンチエイジング効果や体力低下・体の不調、またアレルギー体質や薄毛・抜け毛改善など、様々な効果が期待できるとして注目を集めている治療の1つです。

医療機関で行われている治療ですので、健康保険が適用されるのではと思う方もいるかもしれませんが美容目的以外であっても、今のところ幹細胞培養上清液を使った治療は自由診療となっています。
自由診療とは、公的な医療保険が適用されない医療技術や薬剤による治療のことです。

治療にかかる費用は患者さんの全額自己負担となります。
10割負担となるため、幹細胞培養上清液の点滴や局所注射での治療を受けたいという場合は、その点を踏まえて施術を受ける必要があります。

また自由診療ですので同じ治療法であっても、各クリニックで施術にかかる金額が異なるため幹細胞培養上清液での再生治療を希望する場合は、事前に金額を確認しておくことがおすすめです。

幹細胞培養上清液治療にかかる平均相場

自由診療となっている幹細胞培養上清液を点滴や局所注射で取り入れる再生医療は、各クリニックによって金額が異なります。
平均相場が分かっていればクリニックを選ぶ際、1つの参考になるでしょう。
一般的な相場は1回の施術につき約1万円前後、数回の施術がセットで10万円から90万円程度となっています。

金額の幅が広いのはこの治療が自由診療だからです。
あまり金額が安すぎる、逆に高すぎるというクリニックは避けた方が良いでしょう。
クリニックによっては他の治療と併用するとお得になるプランや、月額制プランなどを用意しているところもあります。

最初に一括で数十万円の費用を支払うとなると金銭的な負担が大きく、なかなか施術に踏み切れないという方も多いです。
月額制プランであれば施術を受けた時だけお金を支払うシステムですので、まとまったお金が無いという方でも、より幹細胞培養上清液治療のハードルは低く感じるかもしれません。

まとめ

アンチエイジングや健康アップ、さらに薄毛や抜け毛改善など様々な効果が期待できる幹細胞培養上清液治療は、近年注目を集めています。
ただ医療機関での治療にはなりますが、健康保険は適用されません。
治療にかかる費用は患者さんの全額自己負担となります。
その点を踏まえて施術を受ける必要があります。
平均的な価格は1回につき約1万円前後、数回施術を受けるプランで10万円から90万円程度です。
月額制プランなどで、気軽にチャレンジできる医療機関もあります。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。